• 初心者にありがちなペン入れの間違いから考察していく!

    ~テクニックありきではなく、陥りがちな心理状況を読み解いた方が早道と考えた!~

  • ペン入れとは‥

    ここではペン入れの定義をキチンと理解して、心の準備を整えます。

    ペン入れって一言でいえば‥

    マンガを描く時には、最初に鉛筆で下描きを、描いていきますね。下描きの、鉛筆の線に、インクの線を描いていきます。これが、ペン入れという作業名なのです。もっと平たくいえば‥、マンガの清書ですね。

    初心者の方のペン入れって‥

    ふつうのペンでOK!最初から、Gペンや丸ペン、カブラペンを使う必要はないですよ。ようは、線の強弱を付けれるなら、事務用の、ふつうの文房具店で売っているペンでも大丈夫。問題なしです。プロのマンガ作家さんでも、ペン入れで、ふつうのペンを使う方は多いですから。

    でも、ひとつだけ注意してほしい!事務用のペンでも、選び方があります。それは、先がとがっている事が前提です。平たいとか、大きすぎるなどはダメです。

  • ペン入れが上手くいかない‥

    初心者が陥りがちな、ペン入れでハマるポイントを知ろう。

    ☜ 最初に下書き(*'▽')

    下書きで描いた時、線が複数できますね。でも、初心者の方は、ペン入れするときに、どの線を選んだらいいのか?が、わからなくなるケースが多々発生!

    そしてペン入れ(*'▽') ☞

    ペン入れで失敗するのは、ちゃんとした線を選べていないから、描いたモノが、イメージと違うものになってしまうんです。間違った線、別の線を選んで、ペン入れをしまった訳ですね((+_+))

  • ペン入れが苦手?

    ペン入れが苦手なのではなく、単に練習不足になっている方が多い。実は無意識に、練習から遠ざかっているのでは?!

    下書きが未完成のままだと‥

    下書きが未完成のまま、ペンでなぞると、完成品は、もっと未完成になります。

    例えば、下書きの線がたくさんあり過ぎて、どの線に、ペン入れしたらいいのか?わからなくなる。で、間違った線に、ペン入れしてしまうことに。

    だから、失敗しない方法があるのか探す‥

    下書きにペン入れすると、なんとなく出来た感がある。でも、鉛筆の下書きを消しゴムで消してしまうと、イメージとは全然、違うものができている。でも、ペン入れした直後の‥、下書きの線が、まだ残っているうちは、思ったイメージに見える。けれど、下書きを完全に消すと、違うものに見えるから消さずに、そのまま残ったパターンを繰り返し描いている人。これだと、ペン入れは上手くならない。

  • 初心に戻ろう!

    ペン入れが上手くいかない場合、下書きスキルを向上させるべし。

    ペン入れで、複数の線で迷う状態の下書きは、まだ未完成の下書きです。描きこんでいない初心者の方に多いようです。そこで、もう一度初心に戻りましょう。画力の底上げで大切なことは、【デッサン】【模写】の2つです。

    • デッサンを定期的に行う。
    • 好きな作家さんのマンガを模写する。

    鉛筆の段階で、ペン入れされた完成イメージを高めるスキルが、練習量というのは本当です。なので、定期的に通えるところがあれば、確実にマンガの画力は上がっていくのです。

     

    ※模写のお話

    中国や台湾では、模写が盛んです。でも一つだけ、間違えているのは、模写をして終了~!終わり~となってしまっている方が多いようです。でも、模写は自分の作品ではないので、世に出せません。でも、最初は模写が基本です。好きな作家さんのテクニックなど、どうしているのか見て、自分なりに工夫することは悪いことではありません。あくまでも模写は練習であり、描いたとしても自分の作品ではない練習なのだと理解して、楽しみながら描いていきましょう。

  • 漫画の描き方Blog

    見て、聞いて、描いて、マンガが上達する!

  • Ping Me

    I'm a Seattle-based writer and photographer. I'd love to meet up for a cuppa and chat about travel.

    All Posts
    ×